事業内容

  1. 熊本市社会福祉協議会
  2. 事業内容
  3. 地域福祉活動計画の策定

地域福祉活動計画の策定

葉っぱ

第4次熊本市地域福祉計画・地域福祉活動計画

 現在、地域では、地域福祉活動を推進する担い手の確保や住民主体の活動における参加者の減少、活動の固定化等が課題となっています。また、「地域共生社会」の実現に向けては、さまざまな福祉課題を包括的に受け止める相談体制の整備が求められるなど、本会に求められる役割も大きくなっています。
 このような状況のなか、「だれもが『おたがいさま』で支え合う協働のまちづくり」の基本理念のもと、「地域力強化のための人材確保・育成」「支え合いの地域づくり」「多様な主体による協働、連携の推進」を図るため、熊本市と一体となり「第4次熊本市地域福祉計画・地域福祉活動計画」(令和2~6年度)」を策定しました。
 熊本市をはじめとした地域福祉に関わるすべての主体と連携を図りながら、総合的かつ計画的に地域福祉活動の推進に努めてまいります。

 また、この「第4次熊本市地域福祉計画・地域福祉活動計画」のなかには、地域主体の計画として「校区社会福祉協議会行動計画」の策定が位置付けられています。この5年間において、熊本市内全校区(95校区)の計画策定を目標としており、本会では策定の支援に努めてまいります。

「校区社会福祉協議会行動計画(概要版)」

◎令和元年度校区社会福祉協議会行動計画策定校区