ボランティア

  1. 熊本市社会福祉協議会
  2. ボランティア
  3. 介護保険サポーター・ポイント事業

介護保険サポーター・ポイント事業

介護保険サポーター・ポイント事業とは・・・

熊本市介護保険サポーター・ポイント制度は、熊本市に在住する65歳以上の市民の皆様が、ボランティア活動(サポーター活動)を通じて地域づくりに参加することで、自らの健康増進や生きがいづくりを図ることを目的としています。
また、指定された介護保険施設等にてボランティア活動を行うと、活動時間に応じてポイントが付与されます。ポイントは換金することができます。(年間上限5,000円)

※介護保険料の滞納がある場合は、受け取ることができません。
【対象者】熊本市介護保険第1号被保険者
(市内在住の65歳以上の方で、なおかつ要支援・要介護認定を受けていない方)

Q&A
対象者は市内在住の65歳以上でなければなりませんか?
この制度は介護予防事業として実施していますので、市内在住の65歳以上(介護保険第1号被保険者)を対象としています。
登録後、活動を行うにはどのような施設ですか?
指定を受けた特別養護老人ホーム及び介護老人保健施設、デイサービス、グループホーム等を対象としています。詳しくは「平成26年度熊本市介護保険サポーター・ポイント制度受入機関施設一覧」をご参照下さい。
活動場所(施設)は、市や社協が指定するのですか?
活動場所を市や社協が指定することはありません。サポーター本人が、希望する施設に直接連絡をとって活動します。
ポイントの交換(換金)はどうするのですか?
翌年2月以降ポイント交換の申請手続きが必要です。交付金はサポーター本人の銀行口座にお振り込みします。ただし、介護保険料の未納・滞納がある場合は交付金をお支払いすることが出来ない場合があります。
対象となる活動はどのようなものですか?
指定を受けた施設等で主に下記のような活動です。
・レクリエーションなどの指導、参加支援・施設内外の清掃・洗濯物の整理、シーツ交換・お茶出しや食事の配膳及び下膳など・話し相手・その他施設職員と共に行う補助的な活動など
熊本市外に転居した場合も対象になりますか?
熊本市外に転居した場合は、対象になりません。ただし、転居前に貯めたポイントについては交付金の対象となります。
スタンプは、誰から押印してもらうのですか?
施設職員が押印しますので、サポーター活動を行う際は、ポイント手帳を必ず持参してください。
※活動1時間あたり1スタンプ、2時間以上で2スタンプです。
(1日2スタンプが上限です)
ポイント手帳はスタンプが全部貯まるまで使い続けてよいですか?
ポイント手帳は年度毎に切り替えます。いまお持ちのポイント手帳は平成26年度版です。
活動中に事故等が発生した場合は、どうしたらよいですか?
活動中に(行き帰りの道中も含む)、事故が起きてしまったら、すぐに社会福祉協議会にご連絡ください。ケガなどの状況を伺い、保険会社へ連絡いたします。
【連絡先】ボランティアセンター(電話)288-2748
ポイントを誰かに譲ることはできますか?
ご本人のみです。第三者には譲渡できません。
ポイント手帳を紛失した場合、どうしたらよいですか?
紛失及び破損した場合は、新しいポイント手帳を再発行いたします。ただし、紛失した場合は、今まで貯めたポイントは無効になります。