ボランティア

  1. 熊本市社会福祉協議会
  2. ボランティア
  3. ボランティアセンターの事業内容

ボランティアセンターの事業内容

  • ボランティアに関する相談・調整

    ボランティア活動をしたい人やボランティアにきてほしい人からの相談を受け、ボランティアのコーディネートを行っています。

    ※ボランティア依頼は、2週間前までに依頼票を提出してください。

  • ボランティア保険の受付

    ボランティア活動中の傷害や賠償を補償するボランティア保険を受付けています(各区事務所でも受付可)。

  • 福祉教育の推進

    学校をはじめ、地域や会社などで高齢者疑似体験、アイマスク体験、車椅子体験、福祉・ボランティア講話などを実施しています。

  • ボランティア情報の発信

    ボランティア情報誌「ニーズ通信」や、ツイッター、フェイスブック等によるSNSを活用した情報発信も併せて実施しています。

  • ボランティアの育成

    傾聴ボランティア養成講座、ガイドボランティア養成講座、ボランティアコーディネーター養成講座などの各種ボランティア講座を実施しています。

  • 学生ボランティア活動の支援

    学生ボランティアネットワークとは、熊本市の大学生・短大生などによるボランティアネットワークです。
    登録者は、様々なボランティア情報を得ることができ、学生間の交流を深めながら、学生同士のつながりや人々とのつながりを通して、地域社会に貢献していくことを目的として活動します。

  • 災害時におけるボランティア活動の支援

    大規模災害発生時に設置される、災害ボランティアセンターの運営主体となります。災害発生後の支援ニーズの把握、ボランティア派遣のコーディネートなど、生活復興に向けた寄り添い支援活動を行います。

ボランティア登録の仕組み

「ボランティアをやってみたい」「ボランティアに来てほしい」と思ったら…